fbpx

ランディングページ(LP)制作事例

WEB Design

ランディングページ(LP)制作する際の注意点 LPの作り方のポイント

shopifyを利用する場合などのインターネットビジネスにおいては、どのように商品を買わせるかの戦略が必要になります。
商品を売る際、戦略がなければいくら上質な商品を紹介したとしても良い結果は出ないでしょう。

そこでまずお客様が、商品を購入する段階で顧客に購入決定してもらうための意思表示が必要になります。
意思表示のツールの1つがランディングページと呼ばれるもので、省略してLPなどと言うことがあります。

このランディングページ(LP)を、どのような内容にしたら良いのかなど最初は迷う点が多いかもしれません。
もしこれからランニングページを作る又は業者への制作のご依頼をご検討中なら、押さえておきたいポイントがあります。
ここでは、いくつかポイントを上げているので、ご確認してみてください。

LPは何で作れば良い?

ワードプレスで充分といえます。
基本的にワードプレスは上位表示にも強いですが、デザインやツールなどを入れたときに利用しやすいのが特徴です。
初心者でも利用しやすいため、テンプレートを利用するにしてもワードプレスを利用することで良い結果が出るかもしれません。

主張するポイントを明確に!

ランディングページを作る前の段階で何を主張したいのかを明確にしていきます。
何の商品が売りたいのかを明確にすることで、ページの方向性が概ね決まってきます。
例えば、複数ある商品の中で全部紹介することができるかと言えば、それはなかなか難しいかもしれません。
紹介するとしても、1種類が2種類の商品であり、それが主力商品である必要があるわけです。
すべての商品を紹介しようと思っても、ページの文字数が多すぎるだけでなく顧客は読む気力すらなくしてしまいます。
一般的に文字数が大事と言われているものの、たくさん書けば良いわけではありません。
かといって、あまり短すぎても問題といえます。

文字数に気をつける

絶対に決まりがあるわけではありませんが、最低でも2000文字以上の文字を使った方が良いです。
多くても5000文字程度にしておいた方が良いでしょう。
5000文字ぐらいならば、飛ばし飛ばし読んでくれる可能性があるわけです。
人によっては、かなり高いレベルの文章力を持っており、ぐいぐいと引き込んでいくケースもありますがこの場合は1万文字位でも構いません。
どれだけ文字数が多くても、文章が面白く興味深ければ読んでしまうものです。
それ以外にも、リンク先なども考えておかなければいけません。このやり方に関しては、それほど難しくないため習得は可能でしょう。

LP制作の流れやご依頼の際の注意点

LP制作の流れについて見ていくと、まず基本的には問題提起からスタートすることが必要になります。
この問題提起の部分は、マーケティングにとってとても重要になります。
業務委託や依頼をされた場合であっても、この流れだけは変える必要はありません。

問題提起

問題提起とは具体的にはどのようなことかと言えば、お客さんの問題点をあぶり出すことです。
問題点はいろいろありますが、1つがお金であり1つが時間かもしれません。
それ以外にも、身体の問題なども考えられるわけです。
商品によって好奇心を刺激するような問題でもよいでしょう。
例えば女性の美容に関する商品で言えば、この場合の問題点は若さを維持させることかもしれません。
通常であれば、年齢とともに若さを維持することが難しくなります。
これが20歳以上の人にとっての大きな問題でしょう。
男性ならば、髪の毛が抜けることや体重がなかなか減らないなどと言った悩みがあ流かもしれません。
これらがその人にとっては大きな問題になるため、共感をさせると言う意味で問題提起をしておきます。

行動啓発

次に、行動を起こさせる文章が必要になるわけです。
行動を起こさせる文章とは、あなたにとってこれが必要なので今すぐ行動した方が良いといった内容になります。
この書き方は様々ですが、例えばダイエットに関する商品ならば後回しにするとだんだんと痩せにくくなってしまう伝えるわけです。
体重を落としだけでも、かなりの時間とお金を要すると言ってないようにする必要があります。
女性の美容に関する商品ならば、年齢とともにシミやシワなどが消えにくくなるため今のうちに対処しておいた方が良いといった感じで、嫌でもクリックさせるようにする仕組みを採用するわけです。
だからと言って、嘘の情報等は一切書いてはいけません。
後で問題になった時、明らかに不利になるだけでなく相手に迷惑をかける行為になってしまうからです。
そして、行動することによって問題解決することを明確にしていきます。
できるだけお客さんが頭でイメージできるものが良いといえます。

<場合によっては削除>

期間限定

そして、最後のほうに期間限定であることを述べると良いかもしれません。
これも行動するきっかけの1つになります。
よくタイマーカウンターなどを載せておき0.1秒単位で時間が進むようにすれば、なんだか急いで手に入れなければいけない気分になってしまいます。
<場合によっては削除>

LP制作の価格や見積もりの流れなど

LP制作をする上で、価格や見積もり等の流れも明確にしておかなければいけません。

  • 1.価格表記を明確にする
  • 悪いLPの事例で良くあるのは、価格の表記を最後まで明確にしない、と言ったものです。
    お客様に様々な訴求を行ったのちに検討していただくというのも大事なことですが、価格が明記されていない商品は、お客様に不信感を与えかねません。
    価格はわかりやすく、明記することをおすすめいたします。

  • 2.相見積もりを必ず取る
  • 実際にランディングページを作成する場合、1社だけの見積もりで制作を決定するのは非常に危険です。
    安いにしても、なぜ安いのか?理由を明確に把握してから決定を行うと良いでしょう。
    大事なのは料金の安さではなく、費用対効果です。

shopifyでECサイトのお悩みを解決。
クリニック・病院にもっとクリエイティブを。
アルファー企画は群馬県のコンベンションパートナー企業です