/COLUMN/コラム
2019.04.26ホームページ関連

SEO対策って一体何?基本を抑えれば後は地道な努力。

SEO対策はもう十数年前から言われ来ている事かと思いますが、今でも無くなることのないWEB業界では常にホットな話題です。最近もGoogleによる検索エンジンの大きな変動もあり常に変化しております。

ネットで検索してみるといろいろな情報が出てきて、調べれば調べるほど情報が出てきてしまい何を実践したらいいのかわからなくなってしまうのではないでしょうか?

しかし、弊社も群馬県を中心に関東でいろいろなお客様と関わらせていただいておりますが、ローカルビジネスにこそHPが重要となり、HPに集める為の手段としてSEO対策は重要な戦略の要となると実感しています。

そこで今回は簡単に個人的に抑えておかなければならないと考えているSEO対策についてご紹介していきたいと思います。
これからSEOに取り掛かろうという方や、何をやったらいいかわからなくなってしまった方の参考になれば嬉しく思います。

 

コンテンツの質を確保することは永遠の課題

まず一番現状では重要とされていることが、コンテンツの質です。
コンテンツ=内容ですので、冷静になって考えてみれば内容の無いホームページを見たいという人はいないという事に気付くと思います。
ここでいう内容とは例えば、パン屋さんであれば
・どの様なパンを売っているか
・自分のお店のパンは何が特徴なのか
・美味しいパンの食べ方は?

その他にもいろいろとありますが、何よりもパンの知識が沢山ありそうなパン屋さんは美味しいパンを作りそうと思いませんか?そういった感覚がここでいう質を上げる重要性になると考えています。

評価の高いサイトからの被リンクを獲得

影響力のあるサイト(簡単に言えばアクセス数がたくさんあるサイト)からのリンクが多くあると、そういった所から紹介されているサイトなので、サイトの評価が高くなると言われています。
SNSが流行りインフルエンサーと呼ばれる人たちが沢山います。そういった人たちに商品が紹介されたりする事によって爆発的に売れる事もあります。これは影響力のある人、人気のある人が紹介する事によって商品の価値が上がり、購買につながっています。
SEOも同じで影響力のあるサイトから紹介されることによって、紹介されたサイトの価値が上がり、サイトの評価につながります。
もちろんこの逆もあり、評価が悪い人に紹介されれば価値が低いと思われてしまい、いいものもの悪いものとなってしまうことがあります。
昔はリンクの数を集める事で数によって評価され上位表示される事もあった様ですが、今はそんなことはありませんのでお気をつけください。

正しいキーワード選定は基本中の基本

検索されたいキーワードがサイト内になければ検索にはまずでてきません。
検索エンジンはテキストを認識して表示されるのでキーワードを意識してページ内に盛り込む必要があります。
この時にページごとに狙うキーワードを決め制作する事で上位表示されるページが増える事につながります。
この理由は説明すると深いのですが、単純に何でも屋さんよりも1つに特化し突き詰めた方が専門性が高いと評価されるからです。
それはページ毎でも同様に言えることとなります。

内部リンクは意外と盲点

内部リンクも重要な評価の要素となります。内部リンクとはサイト内で貼られているリンクの事を言いますが、基本的には何が重要かを考えて制作していけば間違いはないかと思います。なぜかというと、重要なページはグローバルメニューに設置するケースが多いからです。グローバルメニューはすべてのページで必須で存在するものです。
その為そこに設置されているページはリンクが自動的に集まる事になります。
ただ、それではグローバルメニューにあるページはすべて同じ数のリンクが集まる形となってしまいますので、その中でも重要視したいページは別ページ等で設置しリンクを集めることでページの評価をサイト内で優劣をつける事も必要なこととなります。

簡単に書いたのですが、とにかくSEOは基本であるキーワード・内部リンクそしてコンテンツの質を意識する事で自然と良いサイトができると考えています。
その先は地道な努力と戦略になりますが、特に意識するべきことはコンテンツの質を保ち量を増やしていくことだと思います。

噛み砕いて書いたつもりですが、もっと知りたい、よくわからなかったという方はお気軽にご連絡ください。わかる範囲でご回答させていただきます。
弊社ではSEO対策をしっかりと考えたHP作りのご提案もさせていただいております。成果の出るホームページはまず制作時の基本が大事です。
制作に関してのお問い合わせもお待ちしております。

https://www.alpha-planning.co.jp/contact