/COLUMN/コラム
2019.04.15広告全般

動画制作の未来も変わる?総務省から発表された5G回線の動画に夢が詰まっている

いよいよ2020年に実用化が迫る次世代無線通信5G。

現在一般的に使われている4Gの100倍の通信速度と言われています。

一体5Gが実用化されたら何ができるようになるのか。自動運転や、スポーツ観戦にも多彩な情報が提供されるとで実際の現場にいなくても臨場感を得ることができるようです。

詳しくはbitWaveの記事が参考になりましたので5Gでできることはこちらをご覧ください。

総務省から発表された5Gの実用化された世界

先日総務省から発表された動画はニュース等でも話題となり、5G回線で世の中の変わることが盛り込まれています。

一番印象的なシーンは離れている人とバンド演奏をするシーンです。

バンドは少しのリズムが狂っても成り立たなくなってしまいますが、距離というハードルを感じずに遅延がなく演奏を実現できるほどの回線速度だということだ思います。

それ以外にも自宅にいながら農薬の散布を遠隔で行なったり、自宅にいながらお医者さんに診断してもらったりと、今までの世の中で実現しそうでなかなかできていなかったことがこの動画の世界では実現しています。

非常に5G興味が湧く動画となっているので一度見て5Gで繋がる世界を味わってほしいと思います。

Perfumeとdocomoのコラボにより実現した5Gコンサート

コンサートを自宅にいながらほとんど遅れもなく味わうこともできるようになるそうです。実際に試験的な企画でdocomoとperfumeのコラボにより5Gを使用したコンサートが平成最後の年越しで行われたことも一部で話題となりました。

そのコンサートのダイジェストがYouTubeにアップされているので、もしよろしければご覧ください。

ホームページが変わる?

5Gによって色々な通信技術が進化することはなんとなく2つの動画からわかっていただけたと思います。

ただ、それ以外にもっと現実的なところで私たちも関係する広告業界も変化するように感じます。

総務省の動画ではスマートフォンのようなデバイスも出てきていましたが、車のガラスに映像が表示される場面もあり、現状のようにデバイスがスマートフォンだけではなくなる未来が近いうちに来るのでしょう。

そうするとまずホームページのようなものがどのように変わるのか。パソコンやスマートフォンの閲覧を考えていればよかったが、もしかしたら大画面で映し出す時代も来るかもしれません。

また、今でも各社力を入れていますが音声機能も発達し、音声検索に適したサイト作りも必要になります。これは今でも話されることです。

動画がもっと身近になる

YouTubeや動画配信サービスのお陰で今では動画を閲覧することが当たり前の世の中になっていますが、少し前まではパソコンで見ることはありましたが、携帯端末ではなかなかハードルが高かったのが動画でしたが、今では中高生を中心に動画が当たり前の世の中になりつつあります。

動画が身近になることにより、ホームページに動画が使われることが今でもありますが、通信容量が多くなってしまいサイトが重くなってしまうという事が懸念されることが多いです。しかし動画を使った方が圧倒的に表現力も広がり、伝えたいことも伝えやすくなります。それが5Gの世界では何を今まで気にしていたことが全て解消されてしまうことでしょう。動画を多用したホームページも増えてくることでしょう。

今静画で表示されることが多いバナー広告やSNS広告も動画にきっと変化するのはすぐでしょう。

世の中がどんどん便利になっていきますが、その反面進歩についていくことができずにいる人たちも多いと思います。知っている人は得するが知らない、わからない人は生きづらい世の中になってしまうかもしれません。

動画が身近になる世の中はほんの一部の日常生活での1つにすぎないかと思いますが、それでも広告業界にとっては業務内容が変わる大きな変化となります。

常にアンテナを張って生きていかなければいけない辛さもありますが、世の中がITの力で変化していくことにはとても興味があるので楽しんでこの仕事をすることできるのかもしれません。

弊社では動画制作や動画を活用したホームページ制作も行なっております。お気軽にご相談ください。