/COLUMN/コラム

ホームページ制作費が業者ごとに大きく異なる理由

ホームページを初めて制作するときやリニューアルするときに、複数の制作会社へ見積もりを依頼すると制作費が大きく異なる場合があります。そこで、このページではホームページ制作費が、依頼した会社によって異なる理由を説明していきます。

ホームページ制作会社の種類

ホームページ制作会社は、大きく分けるとホームページをゼロから制作する場合と、テンプレートを使用する場合があります。
ゼロから作るとは、クライアントの要望をヒアリングして制作する方法です。何度も打ち合わせをしていくので時間もかかり、制作費が高くなってしまいます。

一方、テンプレートを使用すると、ホームページの基本的なレイアウトが決まっているため、制作にかかる手間が少なくなり費用が安くなります。そのため、ゼロから作るのとテンプレートを使用するのとで、費用に大きな違いがでてきます。ホームページをゼロから制作すると時間と費用がかかりますが、思い描くサイト構成やデザイン、オリジナル性を出すことができる為、満足できるホームページを制作してくれる可能性が高くなります。

テンプレートを使用するとレイアウトが固定されているため、ある程度のデザインが決まってしまいます。ただ、テンプレートが悪いわけではなく、時間のかかる作業を省いているだけなので、「テンプレート型=質が悪い」というわけではありません。制作費用をできるだけ抑えたいなら、テンプレートを使った制作の方が費用を安くすることができます。ホームページ制作会社は、基本的にこの2種類の方法でホームページを制作します。

ゼロから制作する場合の費用は10万円~数百万円と、かなりの違いがあります。これは、ホームページにどのような機能を追加するかで変わり、何でもできるため費用が高額になってしまいます。テンプレートを使用した制作費は、3万円~数十万円とゼロから制作するよりもかなり安くできます。しかし、その分内容には自由が効かなくなる場合もあるので、目的に合わせて制作方法を選ぶ必要があります。

当社では基本的にゼロからオリジナルで制作させていただくご提案をしております。特徴を出し、ターゲットや目的に合わせたサイト制作を心がけている為です。
勿論目的に応じてテンプレートを提案させていただくこともありますが、運用に力を入れる合は初期コストを抑え、運用費に予算を回すケースで多いです。

当社サイトに掲載している実績は全てオリジナル制作のものとなっておりますのでご参考ください。
WEB制作実績

ホームページ制作の費用の違いでありがちなこと

ホームページを制作してくれる会社はたくさんありますが、その制作会社によってホームページを作るまでの過程が違うため、費用が変わっていきます。ホームページ制作を依頼する場合、ゼロから作るのかテンプレートを利用するのかをチェックする人は多いですが、ホームページは見た目の部分だけでなく、目に見えない工程も必要になります。
例えば、「問い合わせ 予約などのメールフォーム」「CMSなどの管理ページ」です。「問い合わせ 予約などのメールフォーム」とは、項目を入力して送信ボタンをクリックすると、その内容がメールで送信できるシステムです。こういたフォームはほとんどのホームページにあるため、必要な機能のひとつです。しかし、実際にメールを送信できるようにするためには、膨大なプログラムが必要になります。よくある問い合わせ程度のフォームであればそれほど高額にはなりませんが、予約などの項目などを追加すると、どんどん費用が高くなります。また、「CMSなどの管理ページ」とは、ページを追加したり記事を更新できたりする管理ページのことです。ホームページの知識があまりない方ですと、ホームページを更新するのはとても大変です。
そのため、CMSという管理ページを作成して、誰でも簡単にページを管理できるようにします。CMSの例えとしては、ブログやSNSなどをイメージすると分かりやすいです。IDとパスワードを入力すると自分だけの管理ページにログインできて、記事を更新できるようになります。この機能を自分のホームページに導入するのがCMSです。CMSは何でもできますが、それだけ高額になってしまいます。

また、マーケティングも含めて制作を依頼する場合も、費用が高くなります。ホームページは作ったら終わりではありません。ホームページのアクセスを上げて、売り上げやお問い合わせを増やすのが目的です。ホームページのアクセスは、YahooやGoogleなどの検索エンジンからのアクセスと、SNSからのアクセスになります。

しかし、ホームページを作っただけではアクセスは増えません。そのため、アクセスが増える手段としてホームページにどんなコンテンツが必要なのか、また、そのコンテンツを制作会社側で作成するのかで費用に違いがでます。マーケティングも時間と労力が必要になり、初心者では難しいので制作会社が代行して市場を調査し、最適なコンテンツや文章を作成してくれます。制作会社に見積もりを依頼しても、ホームページを作る過程や見に言えないプログラム、アクセスを上げるためのマーケティングの部分によって、見積額が変わっていきます。そのため、見積もりの項目が制作会社によって違うことがあり、費用に差がでてきます。

何が必要なのかを考えて依頼する

ホームページ制作を依頼する場合、何が必要なのかを考えてから依頼をしないと費用が高くなってしまいます。大きく分けると「ホームページのデザインやレイアウト」「ホームページの機能」「アクセスアップのためのマーケティング」です。もし、制作費をできるだけ抑えたいなら、ホームページはテンプレート型にしてホームページの機能も問い合わせなどのフォームだけで、ページの文章などは自分達で考えるようにすれば、費用を抑えられます。
また、テンプレート型でも、CMSなどがセットになっていることがあるため、知識が無い人でもページの更新などが簡単にできる場合があります。ただし、制作費を極限まで抑えると、ホームページが完成した後にアクセスを上げるのが大変です。検索エンジンなどのSEO対策や、SNSでの宣伝などを自分達で勉強しながら行う必要があります。

そのため制作費をかければ、ホームページのデザインだけでなくアクセスも増やしやすくなり、その後のホームページの運営が楽になります。費用対効果を考えて、制作会社を選ぶのが理想です。また、ホームページリニューアルの場合は、制作費用が安くなる場合がありますが、アクセスアップなどのマーケティングを依頼すると高額になります。

ホームページ制作のまとめ

ホームページの制作費用は制作会社によって違いますが、費用が安かったり高額だったりするのはそれなりの理由があります。見積もりの細かい内訳をみれば、制作会社側に負担がどれだけかかっているのかが分かります。もし、名刺代わりにホームページを作るなら、高機能なプログラミングは必要ないし、アクセスを上げるためのマーケティングも必要ありません。ホームページを作って何をしたいのかで費用がまったく違ってきます。

MORE COLUMN