ホーム 新着情報 学生さんの声3

学生さんの声3

2016年09月20日
アルファー企画ではインターンシップ受入を実施し、次世代のデザイン業界を担う若者育成のお手伝いをしています。
 
インターンシップ体験をした生徒さんから頂いた感想、三回目をご紹介させて頂きます。
 
 
 dsc04012

「アルファー企画 インターシップを通して」 

 私がインターシップ先にアルファー企画さんを選んだきっかけは、群馬大学に編入学する前にいた高専において、卒業研究で色に関する画像処理について研究していたことでした。また、どちらの学校でも、Webについて学んだことがあったり、群馬大学のゼミでも、ファッションに関する研究をする予定でいます。直接デザインについて学んだことはなかったのですが、このような分野が好きなので、実践的に考えられる良い機会になると考えていました。

 実際に実習をさせていただいて、Webデザイン会社の空気を存分に肌で感じることができました。建物はスタイリッシュでお洒落で、中に入ると仕事を効率的に促すような音楽がかかっています。出勤後は、全員で一斉に掃除を開始し朝礼を行います。なんとも、気持ちのいい一日のスタートが切れた気分になります。

 制作担当の社員の方たちは、ラフな格好で、主にパソコンに向かって、自らの仕事に集中して打ち込んでいました。営業担当の社員の方たちは、はっきりとした澄んだ声で挨拶して、社外へと出かけて行きます。

私たちが実際にやらせていただいたことは、どれも実践的で、こんなことも任せてくれるのか、と思うほど各分野ごとに、様々な経験をさせていただきました。Web企画、ロゴマーク作成、アクセス解析、写真撮影等です。

 私が最も痛烈に感じたことは、アイディア、イメージはカタチにできないのなら、なんの意味も持たないということです。

この感覚はインターシップを通して得たもっとも大きなことになりました。これを踏まえて、これからの私は、せっかくデザインを描くことが好きなので、そのスキルを身につけ一生の財産にしたいという新たな目標ができました。有意義な6日間に結びつけて下さった、アルファー企画の社員のみなさんありがとうございました。

群馬大学 社会情報学部 Wさん